入院とレンタルタブレット

インフルエンザの流行とともに、『はしか』も流行しています。

この『はしか』も爆発的に流行しています。全国で4,000人以上も患者さんがいるようです。

この『麻しんウイルス』というウイルスが原因であり、感染経路は、空気・飛沫・接触の3大感染であり、いかに感染力が強いかが分かるかと思います。

症状としては、風邪に似た症状と、目やに・充血、全身に発しんが広がるというものです。

以前に感染したことのある方の、お話を聞いたことがありますが、とにかく熱で体がだるく、病院で診断を受けた結果、口腔内の『コプリック斑』と呼ばれる白い斑点から、『はしか』だと分かったということでした。

この『コプリック斑』は『はしか』の患者さんに多く見られる症状だそうです。

それから2週間は、安静に過ごしていたとのことですが、とにかく養生が大事とのことでした。みなさんも、お体を大切になさって下さい。

さて、生活している上で、一度は入院をしたことがある方も多いかと思います。最近は病院でも、病院側で設置されたWi-Fiに接続できるようになっています。

そんな中で、スマートフォンでは画面が小さく疲れるという方には、レンタルのiPadはいかがでしょうか?

レンタルであれば、新規購入するよりもお安くご利用いただけるかと思います。

人気商品に『iPad Air2』があり、こちらはCellularモデルとWi-Fiモデルの2種類があり、簡単に区分すると、CellularはSIM入り、Wi-FiはSIMなしということです。

これは、Wi-Fiが設置されていない場所では、Cellularモデルを。設置されている場所では、Wi-Fiモデルという違いになります。

また、Wi-Fiが設置されていない病院では、Wi-Fiルーター『303ZT』などが、最適です。こちらは、無線での接続になり、操作も簡単で、セキュリティー面も安心してご利用いただけます。

ただ、それぞれの病院によって、決められた事項などもありますので、注意が必要になります。予め、ご了承下さい。

レンタルのご検討、宜しくお願いいたします。

 

鬼は外、福は内 レンタルパソコン

2月3日は節分でした。

当日は、弊社・定休日の日曜日でしたので、翌日の月曜日に、節分ということで、ささやかながら、豆まきを行いました。

また、年齢の数だけ、煎り大豆をいただきました。この煎り大豆の素朴な味が、くせになり、大変に美味しいです。

年の変わり目には、邪気が起きるというので、この節分で邪気を追い払おうというのが、節分ですが、極力、悪いことは起きてほしくないというのが、切なる願いではないでしょうか?

さて、弊社で取り扱っているレンタルパソコンですが、これは試験勉強などに、ご活用いただくことが多いようです。

今や、試験勉強は学生だけの特権ではなく、社会人でもスキルアップのために、様々な資格の勉強をしている方が多いのです。

そのひとつに『パソコン検定』や『MOS』などがあげられます。

これらは、オフィス業務や事務作業に、欠かせない技術・資格になっています。

Wordソフトによる書類作成、名刺やハガキなどの各種、紙媒体のものなどの作成はさることながら、Excelソフトによる表作成などなど・・・。

これらを、一から勉強するとなると、大変に困難なものとなります。

教科書の類は、書店でお求めになれば宜しいでしょうが、パソコンを揃えるとなると、オフィスソフト込みの値段は、やはり高額になってしまいます。

そこで、レンタルパソコンです。

レンタルパソコンであれば、新規購入するよりも安価に済ませられます。さらに、オフィスソフトをインストールした状態でのレンタルも、可能ですので、ぜひ、ご検討下さい。

『パソコン検定』などは、タイピング試験もありますので、ブラインドタッチは必需となります。その練習にも、レンタルパソコンは活躍できることと思います。

ご検討のほど、宜しくお願いいたします。