休校の延長はレンタルパソコンで対応を

新型コロナウイルスの感染拡大に思うような歯止めがかからず、多くの都道府県の公立学校で休校の延長が発表されました。
長い学校では5月末までの休校が決定しています。
長引くお子さんの休校期間中、パソコンやiPad、WiFiなどのご利用はいかがでしょうか。

レンタルパソコンの利用で休校中の制限もなんのその

緊急事態宣言の伴う外出自粛のイメージ

学校が休校する理由は新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的としています。
そのため当然、学校が休みだからと自由に活動できるわけではなく、不要不急の外出を意識したうえでの生活を送らなければなりません。
そんな生活をしていると、エネルギーの有り余る子供は不満が溜まっていきます。
しかし、パソコンやiPad、WiFiがあれば家の中で自由に動画を見たり漫画を読んだり、好きなことを行えるため、安心して過ごすことができます。

休校中の学習もお任せ

勉強する子供と家庭教師

いまや勉強は学校へ登校したり塾へ参加して行うだけではありません。
オンライン教材や無料の勉強サイトなどを利用して、質の高い勉強をすることもできます。
パソコンやiPadと聞けば遊びについて連想されることも少なくありませんが、使い方次第で休校中の効率的な学習にも寄与するのです。
紙とペンでは眠くなってしまうという場合も、適宜パソコンを利用することで集中力が続くという子もなかにはいらっしゃるそうです。
また、パソコンやiPadを用いた勉強は教材によっては苦手な苦手や得意の分析を自動で行ったり、苦手な分野を繰り返して行える機能のが搭載されているものもあります。
そうでなくとも、自身で苦手な分野を繰り返してやることで効率よく学ぶことが可能になります。

パソコンでしか学べないこともある

休校中タブレットで自習する女の子

情報化社会でITスキルが求められるようになり、パソコンやタブレットは使えて当たり前といわれる時代になりました。
しかしながら、パソコンやタブレットの操作スキルは実際に操作しない限り身につくものではありません。
WordやExcelといった基本的なOAソフトのスキルはもちろん、タブレット端末特有の操作性は実際に使わなければまず身につきません。
一方で若年層のパソコン離れが社会的に叫ばれるようにもなっています。
これを機に、パソコンやタブレットについて改めて家族で学ぶというのもよいのではないでしょうか。

休校期間だけ使えるのもレンタルの強み

パソコンの使い方の勉強風景

延長された緊急事態宣言は一旦2020年5月31日までとなっていますが、購入したパソコンを一定期間だけ利用するというのは一般的に不可能です。
そこで活躍するのがレンタルパソコンです。
レンタルであれば期間を定めて利用することができるうえ、必要とあれば利用期間を延長することもできます。
いつまで休校中なのか。
延長はされるのか、それとも短縮されるのかといった事情に応じて利用期間も変更できるのです。

レンタルパソコンは性能も多種多様

室内での快適な生活のイメージ

お子さんの休校中、どのような用途でパソコンを利用されますか?
・学校の勉強
・興味ある分野の勉強
・家族内のコミュニケーション
・遊び
・勉強から遊びまでマルチ
あるいは上記に当てはまらない用途もあるかもしれません。
そういった場合もご安心ください。
レンタルマーケットではご家庭の利用に最適なスペックから高負荷な編集作業 なども可能なパソコンまで幅広く取り揃えています。
パソコンの選び方がわからないという場合も安心してレンタルしていただけるよう、レンタル商品の相談についても承っています。
価格のご相談や商品についてのご相談・ご質問であれば無料で承っています。
お電話(042-649-4481)または下記のお問い合わせボタンよりお問い合わせください。

レンタルマーケットに連絡する