数合わせは大変な作業です

昔から大勢の人を動かすということは大変だったようです。

例えば、日本中が麻のように乱れていた戦国時代は戦、戦の連続でその国々の大名たちは苦労したことでしょう。

甲斐(現在の山梨県)の名将・武田信玄は人は城、人は堀、人は石垣、情けは味方、仇は敵といったように家来や領民には心を配って、政治を行っていたようです。

その信玄の領国経営手法を取り入れたのは、徳川家康でした。

家康は若かりし頃、三方ヶ原の戦いで信玄に敗れているのですが、信玄に対しては畏敬の念を抱いていたようで、その後、織田信長によって滅亡させられた武田家の遺臣たちを家来にしているのです。

それを子飼いの武将・井伊直政に預け、身に着ける甲冑一式を武田家伝統の赤備えにしたのです。以降、井伊の赤鬼や井伊の赤備えなどと呼ばれ、敵味方に恐れられていたそうです。

以前の敵を味方にする、これも人を動かすということでは大変なことです。そうしていって味方を増やしていくと気付けば、何百、何千、何万という数に膨らんでいくのです。

織田信長は兵農分離といって、兵士と農民と二足の草鞋を履く状態になっていた家来たちを専業兵士に仕立て上げて、最終的には一時に五万人近くの兵士を動員できたともいいます。

それだけ、人や物の数を合わせるということには手間暇がかかるのですが、レンタルのパソコンやタブレットは突発的な出来事が起きた際に、例えば「来週に研修会があるから、20台のパソコンが必要」などという時などにお役に立てることと思います。

いきなり、数十台のパソコン、あるいはタブレット、Wi-Fiルーター、スマートフォンなどが必要という事態にはレンタルをご活用して頂くという手段もございます。

ぜひ、そういった機会があって困ったというような経験のある方にはご検討を願う次第であります。

レンタルiPadでお試しを

夏といえば肝試し…ではなくて、レンタルのiPadのお試しはいかがでしょうか?

タブレットをお持ちの方なら、違う機種はどんな使い心地かをレンタルでお試し頂けます。

お持ちでない方は、タブレットとはどんなものなのかをレンタルでお試し頂けます。

レンタルは随分と昔からあったそうで、目新しいものをレンタルとして個人的な商売が始まったのは、1877年の自転車貸出だそうです。

国家が絡んだ貸し借りは飛鳥時代にまで遡れます。

個人的な商法としては、江戸時代の貸し褌も挙げられるのですが、日常から少し離れたものとしては、明治の自転車貸出が真っ先に挙がるのではないでしょうか?

それより、10年後にグラハム・ベルが発明した電話がレンタルで商売になりました。

明治時代といえば激動の時代でした。

「泰平の眠りを覚ます上喜撰(蒸気船)、たつた四杯で夜も眠れず」

(明治時代の狂歌、喜撰という銘柄のお茶でも上物はたった四杯でカフェイン効果のために眠れないという意味とたった四隻のアメリカ籍の蒸気船に怯えて眠れないという意味)と言われてから、たった数年で、侍は髷を落とし、農民、町人、商人には姓が与えられるといった具合に革命が成功したのです。

昨日勤王、今日佐幕、昨日ホントで今日はウソとオセロのように目まぐるしく流行思想が変転したのが幕末だったのです。

しかし、レンタルという商売は技術や文明と共に確実に発展し、パソコンだけでなく、Wi-Fiルーターやタブレットまでも貸し出すようになりました。

ぜひ、iPadをお試し頂き、様々な場面にお役立て頂けたら幸いです。ご検討のほど、宜しくお願い致します。

ホントに簡単、レンタルWi-Fiルーター

レンタルの利点は初期費用や手続きの手間がない、一時的な使用、試用などの他にすぐに使用できることがあるかと思います。

特にWi-Fiルーターはスイッチを入れて、お使いの端末に繋げて頂ければ、宜しいのです。

もちろん、分かりやすい説明書も同梱させて頂いておりますので、お役に立てることと思います。

仕事や私生活でも十二分に皆さんのご期待に添える活躍を果たすWi-Fiルーターですが、先述の通り、一時的な使用、”試用”にもご利用頂けます。

”試用”と書かせて頂いたのには、こういった理由がございます。

スマートフォンにしても、パソコンにしても何度も何度も気ままに髪型を変えるようにはいきません。その都度、その都度、熟考の末に機種を決める方が多いかと思います。しかし、もしお試しができるとしたら、いかがでしょうか?

特にiPadWi-Fiルーターなどをまず、最初にレンタルで試用してみてから、購入するかを決めるという方法もございます。

そこで、このWi-Fiルーターは使い勝手がいいし、初期費用で高い金額を支払うくらいなら、しばらくはレンタルでいいかな、というのも一つの方法としては最適です。

新しく会社を設立する方や、一時的な使用という点から、セミナーや研修会でも、ご利用頂けます。

やはり、企業ともなれば、一円でも浮かせたいと考えるのは、仕方のないことですので、ぜひ、お気軽にお問合せして頂き、疑問点や心配なことなどを解消した上で、レンタルのご利用をして頂ければ、幸いでございます。

ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

旅のお供にiPadをどうぞ

麦わら帽子はもう消えた…田んぼの蛙はもう消えた…それでも待ってる夏休み…

夏になると何故かこの詞が思い出されます。

蝉の鳴き声、アスファルトの向こうに揺れる陽炎、風鈴の音、もうそろそろ聞こえてくるのではないでしょうか?

夏休みはご家族で、あるいは恋人と旅行計画を立てている方も多いかと思います。

そんな時に一時的なiPadのご利用はいかがでしょうか?

写真撮影や動画の閲覧、その他、様々な機能もございます。

写真といえば、上野 彦馬という人物を皆さんはご存知でしょうか?

日本初の戦場カメラマンで「日本写真の祖」と呼ばれ、幕末の有名人たちを撮影した人物です。

海援隊(亀山社中)を設立した土佐の風雲児・坂本 竜馬

奇兵隊を設立した長州の異端児・高杉 晋作

同じく長州の麒麟児・桂 小五郎(後の参議・木戸 孝允)

切れ味の良いべらんめえ口調でお馴染みの口述録・「氷川清話」を残し、幕府軍艦・咸臨丸で太平洋の横断に成功した軍艦奉行並・勝 麟太郎(官職名は安房守、号は海舟)

など名前を挙げるだけでも、胸がわくわくするような維新回天の立役者を撮影したのは、この上野 彦馬だったのです。

皆さんも一度はお目にしたことがあるかと思いますが、竜馬の懐に手を入れ、遠くを眺めているあの写真は彦馬の弟子が撮影していたそうです。

その時代は、カメラに撮られると魂まで取られるなどという迷信が庶民の間で囁かれていたそうですが、現代の方にとっては写真が「魂がそこにあったという事実の証明」のようなものであることが、アルバムをめくると分かるかと思います。

しかし、技術の発達した今では端末のアルバムを見れば、色褪せることなく、押入れの奥に眠ることなく、想い出が残されているのです。

ぜひ、楽しい旅行に安価なレンタルiPadをご利用ください。そして、彦馬宜しく人物、風景などをカメラに収めて頂ければ幸いです。

もちろん、iPadの機能はそれだけではないので、様々な場面でお役に立てることと思います。

ぜひ、ご検討のほど宜しくお願い致します。

イライラは、身体によくありません

快適な速さに慣れて、その味を身体が覚えるとそれより遅いものに遭遇したら、何故か苛立ってしまう…というような経験が皆さんにはございますか?

しかし、その苛立ちも決して他者に見せることなく、懸命に堪えている方々も多いと思います。

その反対についつい苛立ちが表情に出てしまったり、態度に出てしまったりする方もいらっしゃることでしょう。

何も現代の人に堪え性がなくなったというわけではないようで、歴史上の人物にも苛立ちを隠せなかった人たちもいたようです。

かの有名な江戸幕府・初代征夷大将軍の徳川家康は1600年、日本中を巻き込み、東西合わせて約15万人の軍勢が激突した天下分け目の関ヶ原合戦において、実質、3万人に満たない(因みに他の敵勢は家康の調略により、軍勢を繰り出さなかった)西軍に自軍が押され気味の戦況に爪を噛んで苛立っていたそうです。

さらには、中山道を進んでいた三男の徳川秀忠(後の二代将軍)が率いる3万の軍勢が信州・上田で、大河ドラマでお馴染みの真田昌幸・信繁(幸村)父子に足止めをされて、遅れてしまい、戦が終わった後に到着したため、勝って、ようやく苛立ちを抑えた家康の逆鱗に触れ、危うく廃嫡になりかけたほどでした。

時代が経過し、苛立ちはやがてはストレスと名を変えて、現代の人々に重くのしかかっています。その身近で最たるものがスマートホンの通信速度ではないでしょうか?

あの制限によって遅くなった読み込みを解消するのが、Wi-Fiルーターでございます。

レンタルでご利用して頂ければ、経済的にもお得であるだけでなく、面倒な手続きも不要です。

コンパクトで持ち運びにも便利ですので、ビジネスだけでなく、プライベートでもお役に立てることと思います。

ぜひ、ご検討のほど宜しくお願いいたします。

iPad 大きな画面で名作を・・・

こんな考え方があったのか!と目から鱗が落ちた思いがしたのは時代小説の大家・司馬 遼太郎氏のあるエッセイを読んだ時のことです。

戦国時代の三英傑・織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が何故に天下を取れたか、もし現代に生きていたら…という内容でした。

彼らの共通点は生まれが同じ地域だったことで、信長と秀吉は尾張国、家康は三河国(どちらも現在の愛知県)でした。

その当時、京都を制した者が、天下を制したといっても過言ではなく、日本中の戦国大名たちが目指したゴール地点でもあったのです。

この三人は、そのゴール地点に近かったからこそ、天下最強と言われつつも地理的な条件から、京都を手にすることができなかった武田信玄、上杉謙信を退けて、優位に立てたというのが一つ、そして、もう一つは信長と秀吉には当時としては珍しいほどに経済感覚があったことでした。

信長が手に入れた領国は尾張、美濃(現在の岐阜県)、伊勢(現在の三重県)、近江(現在の滋賀県)など、お米の収穫率が高いところばかりでした。当時はお米がお金の役割を果たしていたこともあって、あっという間に五万人の兵士の動員が可能でした。

さらに金銭の流れにも力を入れて、有名な楽市楽座などでお金を貯めていったのです。お金を大切にしていた証拠に織田家の旗には永楽銭が描かれていますね。

信長の家来だった秀吉はその経済政策を引き継いだのですが、幸運が彼の味方をします。佐渡金山の鉱脈が発見されたのです。そこで採掘された金の量は世界でも類を見ないほどのゴールドラッシュだったそうです。

前の二人に比べて、経済観念は乏しかった家康が最終的に天下を取るのですが、彼には長年、積み重ねてきた信頼と実績、忍耐力がずば抜けて凄かったといえるでしょう。

もし、そんな三人が現代に生きていたら、どうだったのでしょうか?

信長は中世の秩序、常識、思考をすべて(良い意味で)破壊した人物なので、大学も中退し、前衛芸術家になっていただろう。

秀吉は商売が上手いのでお金を沢山貯めて、人たらしと言われた天才的な人心収穫術で政治家になっただろう。

家康は律儀な性格から、これまた律儀に勉強をし、律儀に東京大学を出て、律儀に官僚になっただろうと…確かそんな内容でした。

ぜひ、皆さんもレンタルのiPadで電子書籍を読まれてみてはいかがでしょう?きっと素敵な出逢いに巡り逢えることでしょう。

ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願いいたします。

レンタルは、飛鳥時代から・・・

「レンタル」つまりは賃貸し、有料貸出という行為が一つの事業として、歴史の表舞台に出てくるのは、飛鳥時代からだそうです。

当時の朝廷=政府機関では国民に畑を耕すことを推奨していて、希少価値の高かった鉄製の鍬を現代で言うところの地方自治体のような出先機関に配布して、希望者には料金を支払わせて貸しました。

そうして鍬を借りた人々は畑を耕し終わった黄昏時に、農具についた土を洗い落として、その村の周辺にある役所の倉庫に返しに来る、というような流れでした。

一方で鍬を借りなかった人たちは木製の鋤で畑を耕しました。

畑といっても相手は自然ですから、その土地土地によって変動があり、場所によっては豊作のところもあります。そこで余裕の出てきた人は自前で高価な鉄製の鍬を購入するのです。

鉄製の鍬は固い土を見る見るうちに砕いていき、効率よく畑を耕せますが、木製の鋤では時間もかかり、効率がよろしくないのです。そうして収穫率という点から、どんどん格差が出てくるというわけです。

やはり、初期投資は昔から大切だったのですね。

初めてのお客様にはWi-FiルーターiPadのレンタルには気がかりな点もあるかと思いますが、それ以上にメリットも沢山ございます。

上記の話を例に引くと、自費で購入する鍬はもちろん初期費用の高額なWi-Fiルーター、借りた鍬がレンタルのWi-Fiルーターと考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

一時的に使用したい、コストを最低限に抑えたいといったお客様にぜひ、レンタルのご検討を願う次第であります。