購入する前のお試しに

今年の夏は例年より、台風が頻発し、残暑が少なかったように感じられました。

去年や一昨年あたりであれば、この時期まで、猛暑日が続き、10月頃までは一向に涼しくならず、日照時間も長かったのですが、近頃では日照時間も短くなり、6時頃ともなるとすっかり暗くなってきています。

残暑が長引くよりかは季節に相応する天候の方が幾分かまともなような気が致します。

いよいよ今年も下半期に突入し、精密機器の新規購入をご検討されている方も多いかと思われます。

パソコンやタブレットの購入をご検討されているお客様であれば、レンタルにて事前にお試しをするというのはいかがでしょうか?

パソコンやタブレット、スマートフォンなどの購入となるとそれ相応のお値段をお支払い頂かなければなりません。

いざ、高価な機種を購入してみてから当たり外れがあった…まるで、くじ引きのようになってしまうというのも割に合わないような気が致します。

そこで、レンタルという手段がお役に立てます。あらかじめ、購入を検討中の機種などをレンタルでお試し頂き、使い心地や購入に値するかという判断材料にして頂けましたら幸いでございます。

なお、弊社では当日の16時までにご注文頂きますと、一部地域、離島を除きますが、最短で翌日中にはお客様のお手元へお届けすることが可能でございます。また、どんなに遅い場合でも48時間以内の商品到着が可能でございます。

さらに、レンタルだと故障が心配というお客様にはレンタル料金の20%の金額を追加でお支払頂くことで、ご利用可能な「安心補償プラン」がございます。

故障時、お客様のご負担が10%になるのですが、盗難や紛失等の本体のないものに関しては対象外となってございますので、ご了承ください。

ぜひ、購入する前のお試しをレンタルでご利用くださいますよう、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

秋の日は釣瓶落とし

秋の日は日照時間が短くなることから「秋の日は釣瓶落とし」と言われているそうでございます。

釣瓶とは読んで字の如く、「釣る瓶」というもので、井戸で使われた水を汲む桶のことでございます。

あの桶を釣瓶といって、それを井戸の中に落とす時の速さを秋の短さに例えた諺でございます。

残暑も日に日に弱まってきているように思われます。

ようやく半袖の衣類から長袖の衣類へと衣替えが出来そうで、季節の移り変わりを肌に感じられて、感慨深いものがございます。

日本は四季折々という言葉があるように、春夏秋冬と様々な表情を見せてくれる島国のように思われます。

さて、そのようにあっという間の秋にレンタルパソコンで資格試験の勉強というのはいかがでしょうか?

レンタルのパソコンをご利用されるお客様の中にはMOSなどの資格を取得するためにオフィスソフトを搭載したレンタルのパソコンを期間を選択して、ご活用される方も多いように見受けられます。

やはり、このご時世、パソコン等の資格は仕事に携わる上で、必要不可欠だと考えている方が多いようでございます。

弊社ではレンタルのパソコンに加えて、別途ではございますが、レンタルのオフィスソフトもございますので、資格取得のために、あるいはお手持ちのパソコンの急な不具合などにも、レンタルパソコンはお客様のお役に立てることと思います。

これから秋・冬と寒く多忙な時期を越えて、暖かい春に向けて、ぜひ、資格取得のためのレンタルパソコンのご利用をご検討して頂けたら、幸いです。

突然のパソコントラブルには…

9月23日は秋分の日でございます。

秋分の日は、1948年(昭和23年)に公布・制定された祝日だそうでございます。

国民の祝日に関する法律の第2条によると「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」ことを趣旨としています。

19日の敬老の日と立て続けに祝日があることから、「シルバーウィーク」とこの第3週はそう呼ばれています。

この時期は先述の「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」ということから、墓参が多く、仏壇や墓前にはおはぎをお供えするという風習もございます。

何故、おはぎかといいますと、おはぎに使用される小豆の赤い色は魔除けの効果があり、邪気を払うという説と収穫に対する感謝という説もあり、その他、諸説あるそうでございます。

さて、レンタルをご利用されるお客様のお声でよく耳に致しますのが、私物のパソコンの故障、不調といったことでございます。

普段、何気なく使用しているパソコンが突然の不具合に見舞われますと、困ることこの上ないことと思います。

そういった際にレンタルであれば、私物のパソコンが復旧するまで、あるいは新品を購入するまでの繋ぎとして、お求めやすい価格でご利用いただけることと思います。

また、別途料金ではございますが、Officeソフトなどをインストールした状態のパソコンをご利用いただけます。

また、レンタルとなりますと故障したらどうしよう…という心配があるかと思いますが、弊社では「安心補償プラン」という制度がございまして、レンタル料金の20%の金額を追加でお支払いいただくことにより、ご利用が可能でございます。故障時のお客様へのご負担が10%になるというプランでございますが、盗難や紛失等の本体のないものに関しましては、プランの対象外となってございますので、ご了承くださいませ。

パソコン等の精密機械には突然の不具合や不調は付き物のようになってしまっているようすので、そういった際にはレンタルという方法があるということを御心の片隅にでも留めていただけたらと思います。

ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

1902年(明治35年)9月19日、今から114年前に正岡 子規が亡くなりました。

正岡 子規と言えば、明治の俳句界に大きな革新をもたらした人物として有名でございます。

上記の柿くへば…や「鶏頭の十四五本もありぬべし」など徹底した写生主義で情景が浮かび上がるような俳句を作っています。

子規は1867年10月14日(慶応3年9月17日)に伊予国温泉郡藤原新町(現在の愛媛県松山市花園町)に於いて、松山藩士・正岡 常尚と八重の長男として生まれました。

名を常規といい、後に升と改めるのですが、子規は号でペンネームのようなものでございます。23歳で帝国大学(現在の東京大学)に入学し、文学に興味を抱き、この頃から句作を行うようになったそうでございます。

帝国大学中退後、新聞記者となり、俳句に関する連載を始め、俳句界の革新運動を開始するのです。

当時、帝政ロシアの圧迫を受け、一種の恐慌状態に陥っていた日本政府は日清戦争を引き起こすのです。

その従軍記者として、戦場に向かったのですが、帰路の船中で結核のために喀血してしまうのです。

子規という号は「鳴いて血を吐く」といわれるホトトギスの漢字表記が子規だったことから、自分に重ねて付けたものだということでございます。

1897年(明治30年)に俳句雑誌「ほとゝぎす」を創刊し、俳句界に大きな貢献をしています。その5年後の9月19日に子規は亡くなってしまうのです。

正岡 子規の逸話はこの他にもございます。それらは様々な作家の手によって書籍化されています。

ぜひ、レンタルのiPadにてそれらを電子書籍でお楽しみいただけたらと幸いでございます。

iPad等のタブレットですと、スマートフォンよりも画面が大きく、読みやすいかとも思われます。

また、レンタルにて新機種の試用をしてみたいというお客様にも最適ですので、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

敬老の日は家族で映画やドラマを

9月19日、月曜日は敬老の日でございます。

祝日法・第178号、第2条によると「多年にわたり、社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とあります。

元々は1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で提唱されていた「としよりの日」が1950年代には兵庫県全域に広まり、やがては1965年に「敬老の日」と名を変えて、国民の祝日になったそうでございます。

間近に迫った敬老の日にレンタルのプロジェクターはいかがでしょうか?

プロジェクターをご利用いただきますとご自宅にて、映画さながらの大画面で映像を楽しむことができるのでございます。

ご家族揃って、敬老の日を祝した後などに映画やドラマを鑑賞するというのも宜しいのではないでしょうか?

プロジェクターを購入するとなりますと、やはりピンからキリではあるのでしょうが、数万単位の費用がかかってしまいます。

例えば、今回のように敬老の日だから家族でお祝いをしたいから、3連休の間、またはその日だけ必要といった方には、台数や期間が選べて、購入するよりも安価なレンタルという方法も最適なようでございます。

弊社では、当日の16時までにご注文いただきますと、最短で翌日中の納品が可能でございます。(但し、離島や一部の地域を除く)

また、どんなに遅い場合でも48時間以内の商品到着が可能ですので、ご安心いただけるかと思います。

レンタルの商品ですと、故障が心配という方には「安心補償プラン」という制度がございまして、レンタル料金の20%の金額を追加していただくことで、故障時、お客様のご負担が10%になるという制度でございます。(但し、盗難、紛失等の本体のないものに関しては対象外)

こちらも併せてご利用いただきますと、さらに安心してご利用いただけるかと思います。

ぜひ、敬老の日に向けて、レンタルのご検討を宜しくお願い致します。

複数台のパソコンが必要!という時は…

台風の影響で降り続いていた雨もようやく落ち着いてきたように思われます。

今年も十五夜が近づいて参りました。今年の十五夜は9月15日だそうでございます。

十五夜は多分に農作業に関わりが深いようで、秋は農作物の収穫の季節で、豊作祈願や収穫できたことへの感謝、あるいは夜まで続く収穫作業を照らす月光に対する感謝、日本では昔から月を愛でる習慣があったことなど、様々な行事をまとめた一夜が十五夜と呼ばれているのだそうでございます。

十五夜の日に浮かぶ月を「中秋の名月」と言われ、月見団子は十五夜に因んで、15個食べると健康と幸せが得られるといった文化もあるそうでございます。

まだ、十五夜までは時間がございますが、月見団子を用意するのにも大変な時間が必要とされます。

例えば、職場あるいは家庭で使用されているパソコンだけでは、台数が足りない、故障したなどの際にはレンタルのパソコンはいかがでしょうか?

レンタルであれば、購入するよりもお求めやすい価格でご利用いただけます。

さらに当日、16時までにご注文いただきますと最短で翌日中の納品が可能でございますので、お急ぎの方でもご安心いただけるかと思います。(ただし、離島・一部地域を除く)

また、どんなに遅い場合でも、48時間以内の到着が可能でございます。

レンタルの場合、どうしても借り物という意識が先行してしまいがちで、故障が心配という方には、「安心補償プラン」という制度がございまして、こちらはレンタル料金の20%の金額を追加でお支払いいただきますと、故障の際にはお客様のご負担は10%というプランもございますので、ご安心いただければと思います。

ただし、盗難、紛失等の本体のないものに関しましては対象外となってございますので、ご了承ください。

また、疑問点や不明点などがございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

秋の夜長の電子書籍

もう秋になろうとしています。まだ蒸し暑さは続いているようですが、秋にはいろいろな秋がありますね。

食欲の秋、芸術の秋、そして読書の秋。

別に秋だからといって特別なものではないような気が致しますが、忙しく暑い夏を終えて、一息つこうという意味合いもあるのかもしれません。

落ち着くといろいろなことに挑戦してみようという心のゆとりがでてくるのもこの季節のようです。

今回は読書の秋ということからレンタルのiPadで電子書籍のご利用はいかがでしょうか?

電子書籍もいろいろとございますが、司馬 遼太郎氏の名作「燃えよ剣」などは、なかなか馴染みの深い土地の名前が出てまいります。

弊社は八王子市に本店を構えておりますが、日野や上石原、立川、明神町や浅川、分倍河原、高幡不動、府中・大國魂神社のくらやみ祭りなど八王子市周辺では聞き慣れた名称が物語の序盤に登場したりするので、そういった地名などが活字になり、ましてや時代小説の大家として高名な氏の代表作の一つでもあるわけですから、親しみを感じる作品でございます。

「燃えよ剣」は幕末、京の都に暗躍する攘夷志士たちを震撼させ、かの有名な池田屋事件でお馴染み、「誠」の一字を旗印にした会津藩お抱えの治安維持組織・新選組の副長・土方 歳三を描いた時代小説でございます。

時代小説に限らず、自分に身近な地名が出てきたりすると、何故だか親近感が湧いたり、頭の中でその情景のようなものが色をつけて浮かび上がったりするものです。そういったことが本を読んでいると味わえたりするのです。

電子書籍ですと、タブレット一台で用が足りるので、かさばって荷物になることがございませんので、ぜひiPadなどのタブレットを試用などの際に電子書籍もご一緒に試してみてはいかがでしょうか?

ご検討のほど、宜しくお願い致します。

数字はいつでもどこでも…

現在、我々が広く一般に使用している1、2、3、4…などの数字はアラビア数字と呼ばれています。

元々はインドが起源だそうですが、アラビアに伝わり、そこからヨーロッパに伝わり、そこでアラビア文字と命名されたため、アラビア文字というのだそうでございます。

以来、日本でも江戸時代に伝わり、その後は漢数字とアラビア文字が併用されるようになりました。

数字と言えば、戦国時代などの戦乱期は兵士の人数が勝敗の鍵を握っていた時代でした。

例えば、土佐の戦国大名・長曽我部 元親は「一領具足」という制度を大いに活用したことで有名です。

一領具足とは、領内の農民が命令があり次第、すぐに武具一式を揃えて、戦に参陣できるように、農作業をしている際、田畑の傍らに武具を用意していて、合図とともに兵士になるという制度でございます。

この制度のおかげで、元親は家来の兵士だけでなく、領民も兵士にすることができ、その当時の四国では考えられなかった兵数・4万人を動員することができたのです。

しかし、時代や地理的状況、風土が元親には味方しなかったのでしょう。

その頃の天下人は織田 信長でしたが、家来の明智 光秀に本能寺で討たれてしまい、代わって光秀を滅ぼした羽柴 秀吉に天下人の座が移った時期でした。

秀吉は宿敵の柴田 勝家を滅ぼし、中国の覇者・毛利 輝元や備前の雄・宇喜多 秀家などを傘下に収め、一時に8万から10万の大軍を動員することができたのです。

これではさすがの元親も屈服せざるを得ず、四国全土を手に入れかけていたにも関わらず、土佐一国の本領安堵という結果に終わったのです。

その後の秀吉は東海一の弓取りとして名高かった徳川 家康を小牧長久手の合戦では敗れたものの、巧みな外交政策で傘下に収め、官位も内大臣から関白に任官し、豊臣 秀吉と名を改め、九州、関東、東北とそれぞれ20万という軍勢で平定し、天下を統一したのでした。

このように数字というものは常に人間の歴史の中に存在しているのです。そして、レンタルのパソコンでは急なトラブルや予定により、複数台のパソコンが必要といった際に、購入するよりも安価に済みますので、お役に立てることと思います。

ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

レンタルタブレットで電子書籍

レンタルのタブレットをご利用される方に多いのが試用ということでございます。

なかなかタブレットやスマートフォンなどは違約金などの制限から何度も買い換えるといったことは難しいようでございます。

そこでレンタルを活用される方がいらっしゃるようでございます。

レンタルのタブレットを試用することによって、新品の使い心地はどうかなどと試すだけでなくそのまま使用するといった二つの「しよう」を活用するというわけでございます。

レンタルのタブレットであれば、画面もスマートフォンよりも大きいので、電子書籍などはいかがでしょうか?

暦の上ではもう秋です。秋を本格的に感じるのはもう少し先のことになりそうではございますが、残暑が残る9月、じわじわと肌寒くなる10月と、どちらも寝苦しい夜には変わりませんので、ぜひ、お勧めいたします。

 

暦の上ではもう秋ですので、「読書の秋」と言われるくらい、読書には最適な季節だそうです。人が集中するには秋の気候が最適で18℃前後が宜しいようで、由来は古代中国の文人・韓愈が詠んだ「灯火親しむべし」という詩が有力とのことです。

「秋は過ごしやすい季節で、夜には灯りを灯して、読書をするのに最適」といったほどの意味で、それを明治の文豪・夏目 漱石が「三四郎」で、広く世間一般にまで、普及させたといいます。

時代小説の大家・司馬 遼太郎氏は「三四郎」を西遊記のような冒険的要素があるといい、また明治の日本というものの文明論的な本質をこれほど鋭く面白く描いた小説はないと評価しています。

ぜひ、皆様におかれましても、灯火親しむべし宜しく、購入するよりも比較的、安価なレンタルiPadで読書の秋を満喫して頂けたら幸いです。

 

ご検討のほど、宜しくお願い致します。

困った、一時的なご利用にはレンタルはいかがですか?

精密機器に多いのが故障という突然のトラブルでございます。いきなりの故障は大変に困るものでございまして、新品購入といっても、かなりの出費が予想されます。

そういった場合にはレンタルのパソコンやタブレットをご利用になられる方が多いようでございます。新品購入までの繋ぎとしても活用されているようでございます。

レンタルであれば、期間も長期から短期と選択することができ、お値段も比較的、安価なようでございます。

また機器の故障だけでなく、人も突然の事故に遭ったり、体調を崩して入院といった事態に巻き込まれてしまうことがございます。

そこで、レンタルのWi-Fiルーターをご利用になられる方も多いようでございます。

入院時の人の行動というものはかなり制限されているのですが、その時間を心身ともに静養に費やすとしてもなかなか上手くはいかないようでございます。

そこでスマートフォンやゲームなどを暇つぶしにとご利用になられる場合、心配になるのが、通信量でございます。

契約の通信量を超過すると一気に速度が遅くなってしまいます。ましてや入院生活では日数に関係なく超過する率が高くなってしまいます。

そこで一時的なご利用ということでWi-Fiルーターの出番でございます。

これ1台あれば、通信量やセキュリティーを気にせずにインターネットをご利用になることができます。

ただし、その病院によって規則がある場合がございますので、事前の確認が必要かもしれません。

なお、弊社では当日の16時までにご注文いただきますと離島、一部地域を除いて、最短で翌日には納品が可能で、どんなに遅い場合でも48時間以内のお届けが可能でございます。

ぜひ、精密機器の故障などでレンタルのご利用を検討されているお客様がいらっしゃいましたら、お気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

宜しくお願い致します。