レンタルプロジェクターと芝浜

 

前回に引き続き、古典落語「芝浜」についての記述になります。

四十二両という大金を拾った魚屋の勝五郎。そのお金を使ってしまおうという勝五郎は、呑み仲間たちとどんちゃん騒ぎをして、すっかり眠ってしまいました。

 

 

「お前さん、起きとくれ。お前さん」

女房の声に目を覚ました勝五郎。

「あれ、みんなは?」

「もう帰っちゃったよ。それよりお前さん」

「へぇ?」

「この騒ぎの払いはどうするの?」

「払いって・・・四十二両あるだろうに」

「四十二両?なんだね、それは」

「四十二両って、今朝方、拾ってきたあれだよ」

女房の様子に不審を抱いた勝五郎は、飛び起きます。女房の語るところによると、勝五郎は出かけていったはいいものの、夜が明けて、おてんとうさんが登りきったところで、仲間を大勢連れて、どんちゃん騒ぎを始めたとのことでした。

「それじゃあ、あの金は・・・?」

「夢でも見たんじゃないの?」

その一言で、がっくりと肩を落とした勝五郎でした。しかし、同時に勝五郎の身体には、何やら憑き物が落ちたような感覚もあったのではないでしょうか。

「おっ母、俺は変わるよ・・・」

「・・・変わる?」

「そうだよ、また一から出直すよ。また前みてぇに腕のいい“魚勝(うおかつ)”と呼ばれるようにさ」

「変わってくれるかい?」

「おうともさ、その気になりゃ、なんだってできるさ!」

「そうだね、頑張ってね。お前さん」

「よし!・・・それからな、おっ母」

「ん?」

「払いはまた次の年ってことで・・・」

それからの勝五郎は、大好きだったお酒を止めて、一生懸命に働き出します。

もともと、腕のいい魚屋さんでしたから、失っていた信頼も、あっという間に取り戻して、三年という月日が流れました。

今では、小さいながらも店を持ち、若い衆の二人も雇っているという身分にまでなりました。そして、あと数日もしたら、あの騒動から四年目という大晦日の夜。

「おっ母、もうそろそろ年越しだなぁ」

「そうだね、お前さん」

二人は、その年で最後の仕事を終えた後、一息ついていました。

「そういや、掛け取り(掛金を取り立てる人)はまだ来ねぇのかい?」

「実はね、先月に全部、支払い終わったのよ」

「そうか!じゃあ、なにかい?今までの溜まりに溜まってた全部か?」

「そうなのよ!お前さん、忙しいと思って言えなかったんだけどね・・・」

「いやぁ、そんなこたぁ、気にすることはねぇよ。そうかい・・・払い終わったかい。まぁ、身軽になって気持ちいいやな」

「これもお前さんのお陰ですよ」

「なに言ってるんだよ、お前がちゃんと家のことを仕切ってくれてるから、俺は安心して商いができるんだ。やっぱり、真面目に働くってのはいいもんだ」

その一言に、女房の心が揺れ動きました。あれほど、働くことを嫌がっていた亭主からそんな言葉が出るとは・・・。

「・・・お前さん、ホントにそう思うかい?」

「そりゃ、そうさ」

「ごめんなさい!」

叫ぶやいなや、女房が突然、頭を下げ、泣き始めました。

勝五郎はあまりに突然のことで呆然としています。訳を聞いてみると、女房は小棚から皮財布を取り出して、勝五郎に渡します。

「おっ、二分金ばかりだな・・・お前、よくもまぁこんなに溜め込んだもんだ。へそくりだろ?」

女房は泣きながら首を横に振ります。

「・・・お前さん、三年前のちょうどこれぐらいの時期に財布を拾ったでしょ?」

「財布?・・・あぁ、あの夢な。いやぁ、俺も忘れちゃいなかったんだな、未だに見ることがあるよ」

「あれね・・・夢なんかじゃなかったの」

女房が語るところによると、あのどんちゃん騒ぎの後、家を飛び出し、住んでいた長屋の大家さんに相談したというのです。大家さん曰く、

「十両を盗んだだけでも打ち首獄門になってしまう。ましてや、拾ったお金に手を出すなんてことをしたら、お奉行所に連れて行かれてしまう」

財布は女房から受け取った大家さんが代理人として、奉行所に落とし物として届けられました。そして勝五郎には「夢だった」と嘘を言えと助言されたというのです。

それから、三年が経ち、落とし主も現れなかったため、財布は女房の手元にやってきたのでした。

 

泣きながら、告白した女房とその告白を黙って聞いていた勝五郎。

「そうだったのかい・・・テメェ、やりやがったな!」

勝五郎は三年もの間、事実を隠されていたことに腹を立て、怒りに任せて女房の胸ぐらを掴みます。女房としては、折檻されるのは覚悟の上ですから、抵抗も何もありません。

「お前さんが怒るのも無理はないよ・・・だって、長年、連れ添った女房に騙されたんだものね・・・気の済むまで、ぶっておくれ」

「俺はな・・あの時、テメェでテメェが情けなくて、しょうがなかったんだぜ・・・それを、あれは嘘でした、夢じゃなかったなんてよ」

「ごめんなさいね・・・でもね、これだけはお願い」

勝五郎もいつしか、落ち着きを取り戻し、女房から手を解きます。

「気の済むまで、ぶってもいいから、別れるなんてことは言わないでね・・・お前さんからそれを言われちゃ、あたしはどうしようもないの・・・」

こんなことを言われては勝五郎としては、仕方がありません。すっかり、腹の虫が収まりました。

「女将さん、お手を上げなすって・・・」

勝五郎は、顔を伏せていた女房に諭すように語りかけます。

「・・・別れるなんて、言うもんかい。よくよく考えてみりゃ、あの時、金が入ったところで、全部遊びに消えちまっただろうよ。お前のお陰で、俺は立ち直れたんだよ」

その言葉で、女房は安堵しました。その時、遠くの方から、ぼ~ん、ぼ~んとずっしりとした重みのある鐘の音が聞こえてきました。

「お前さん、聞こえるかい?除夜の鐘だよ」

「今年も、もうすぐ終わるなぁ・・・」

「そうだ、お前さん!・・お酒呑むかい?」

「酒?」

勝五郎は、禁酒して以来、味の付くものはお茶しか飲んでいませんでした。それに、口寂しくなると、甘いものを食べるようにしていました。久方ぶりに、女房にお酒を勧められたのです。湯呑みに注がれたお酒を手にした勝五郎。

「いやぁ、この匂い・・・(湯呑みに語りかけるように)久しぶりだな、元気にしてたか?これからもよろしく頼むぜ・・・酒も”よろしく”って言ってるよ!」

「そうだろうね。お前さん、今日はたんと呑んでちょうだいね」

「いいんだな?呑むよ!」

いざ、呑もうとした途端、勝五郎は湯呑みを口から放します。不思議に思った女房。

「お前さん、どうしたの?」

「よそう・・・また、夢になっちまう」

とまぁ、永らく綴ってまいりましたが、「芝浜」の大まかなあらすじはこういうことです。

この大根多は、年末の風物詩的な存在として、噺家さんたちや落語ファンたちに、大切にされてきた人情噺です。

この「芝浜」が様々な噺家さんたちに影響を与えてきたのは有名な話です。この噺も演者によって、様々な演じ方がなされています。

それぞれに聴き比べをするというのも、通な楽しみ方ではないでしょうか。

弊社では、レンタルプロジェクターも取り扱っています。

個人利用では、ホームシアターのように大画面で、映画やドラマ、ライブ映像などを楽しむこともできますので、ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

レンタルパソコンと芝浜

 

前回に引き続き、古典落語「芝浜」について、記述していきます。

腕は良いのに、お酒に転んでしまった魚屋の勝五郎。年末のある明け方の出来事でした。あまりに仕事をサボータージュする勝五郎に堪りかねた女房が

「ちょいと、お前さん」

「なんだよ?」

「商いに行っておくれな、そんな調子じゃ暮らしが立ち行かないよ」

「そうはいうけどよ・・・」

魚河岸に行くことを渋る勝五郎、それもそのはず。勝五郎はなんと、十日も無断欠勤をしていたのです。

そうなると、今度は自分のバツが悪くなってきます。魚河岸の皆になんと言い訳をすればいいか、お得意先は相手にしてくれるだろうか、そんな不安から逃げるには、引きこもってお酒を呑んでいる方がマシと現実逃避をしてしまうのです。そこで、勝五郎はいろいろと言い訳をします。

「おっ母よ、十日も休んだんだ。商いの支度ができてねぇやな」

「ちゃんと、糸桶に水は張ってあります」

「包丁は?包丁は十日も使わなくっちゃ、錆びてて使い物にならねぇ、行けねぇな」

「ピカピカ光って、蕎麦殻の中にあります」

「・・・草鞋は?」

「卸したてが揃えて置いてあります」

「行き届いてるね・・・」

「仕入れ代もあるし、草鞋も新しい方が気持ちいいでしょ?」

「良かねぇ!良かねぇよ。気持ちいいってぇのはな、商いを休んで、朝から、気の利いたつまみでも食いながら、酒を呑む。これを気持ちいいっていうんじゃあねぇか」

「何を馬鹿なこと、言ってんのよ」

それでも、勝五郎はお得意先がどうのこうのと言い訳をしていると、女房は彼の腕の良さを知っているお得意先なら、必ずまた贔屓にしてくれると励まします。

そこまで言われちゃ敵わない勝五郎、冬の凍てつくような夜風の中を泣く泣く夜明け前の芝の魚河岸に向かいました。

ところが、どの店も閉まっています。辺りには人っ子一人いません。

「おかしいな、誰も居やしねぇじゃねぇか」

そんな時、芝にある増上寺の鐘がぼ~んと鳴りました。

「あっ、そうか。かかぁの野郎、いつもより早く起こしやがった!」

本来であれば、四時に出かけるところを女房は間違えて、二時に起こしてしまったのです。当然、人の気配などあろうはずがないのです。

「今更、戻るのも難だし、一服付けるか」

勝五郎は、夜明け前の芝の浜で煙草を吸って、暇つぶしをします。

寝ぼけ眼を覚ますため、勝五郎は潮水で顔を洗いました。

「かぁーっ!一気に眠気なんか、すっ飛んでいっちゃったな。これだよ、これ。この磯の匂いだよ」

などと、調子づいていると夜が明け始め、波間に漂う皮袋を見つけます。何気なく手に取ってみると、それは皮財布で、ずっしりとしていて、じゃらじゃらと音がします。不審に思った勝五郎、中を開いて、びっくり仰天!

 

「おっ母!おっ母!」

ドンドンと扉を叩く音。女房は、いつもより早く起こしたことに気づいて、そのことで勝五郎が怒っているのだと思い、慌てて扉を開け、謝ります。

「ごめんなさい、お前さん。あたし、いつもより早く・・・」

「そんなこたぁ、いいんだ!それより、水を一杯の飲ませてくれ」

勝五郎は水を飲み干し、芝の浜で拾った皮財布を女房に見せます。

「お前さん、これって・・・」

「そうだよ、見てみな!」

勝五郎は皮財布の中身を畳の上に広げます。畳一面に広がったのは、大量の二分金。

二分金というのは、江戸時代の貨幣金貨でした。二枚で一両という換算になります。一両は現在の価格に直すと、諸説あるのですが、六万円~十万円ほどになります。ここでは分かりやすく、十万円としましょう。

もし、現代に十万円札があるとすれば、二分金は五万円札のような存在ということになります。そんなものが、大量にあるのです。

商いをする身にとって、その日の稼ぎに変動があるものですから、このような大金を目の前にして、気が動転するのも無理はありません。兎にも角にも、勝五郎は女房と共に、二分金を数えていきます。

「ひと、ひと、ふた、ふた・・・」

「お前さん、イワシ数えてるんじゃないんだよ」

「いつもの癖でな」

勝五郎は魚屋さんですから、魚河岸で使われている魚を数える時の符牒で数えていきます。本来であれば、鼻唄を唄うように爽やかに、かつ威勢よく、数えられますが、目の前の大金に必死の勝五郎は、無意識に低音だったのではないでしょうか。

そうして、数えてみたところ、二分金は八十四枚。両に換算すると、四十二両。一両、十万円として、四百二十万もの大金になります。

「やったな、おっ母!四十二両もあらぁ!これからは、楽して暮らせるぜ!」

「えっ、お前さん、このお金、懐に入れようっての?」

「あたぼうよ!こいつは海で拾ったんだ、落とし主なんざ、いやしねぇ!」

女房の心配を他所に、勝五郎はまたお酒を呑もうと言い出して、挙句、呑み仲間を大勢呼んで、朝からどんちゃん騒ぎをする始末でした。すっかり、酔っ払って高いびきの勝五郎。女房の手元には、皮財布の四十二両。

思い余って、女房は家から飛び出します。

・・・この続きは次回ということにさせて頂きます。

弊社では、レンタルパソコンを取り扱っています。個人のお客様ですと、修理に出している間の、代替品としてのご利用もあるようです。

また、別途、料金を頂戴することになりますが、レンタルパソコンにオフィスソフトをインストールした状態での、お貸し出しもできますので、ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。

レンタルiPadと芝浜

 

「お前さん、聞こえるかい?除夜の鐘だよ」

・・・この季節になると、思い起こされるのが、「師走」「忠臣蔵」「年越しそば」などなどのフレース、そして、古典落語「芝浜」です。

噺家さんや落語ファンでは、知らない人のいない演目の一つが、この「芝浜」です。

今も昔も、お酒の好きな人というのはいらっしゃるようです。

 

ある男が海辺に立っていますと、足元に一匹の蟹が横歩きでなく、縦歩きをして近付いてきました。

「おや、この蟹は珍しいね。横に歩くんじゃなくって、縦に歩いてらぁ」

すると蟹がこう答えます。

「はい、少し酔ってますから・・・」

という小噺もあります。

 

「おや、あなた真っ昼間から酔ってますね」

と酒屋の主人が酔っぱらいに声をかけました。すると酔っぱらいは

「いやぁ、あたしは酒が大好きでね。酒屋さんのそばで匂いを嗅いでるだけでも、酔っちゃうんです」

などという、お酒にまつわる小噺があります。

お酒にまつわる小噺だけでなく、失敗談もあります。

 

 

この「芝浜」の主人公である魚屋の勝五郎は、大の酒好きです。酒がなくては生きていけないというほどのウワバミでした。

江戸時代の魚屋さんは朝早くから、天秤棒を担いで、魚河岸で魚を仕入れて、それを担いで、行商をしていくのです。魚や野菜を載せた天秤棒を担いで売り歩く人たちのことを「棒手振り(ぼてふり)」といいました。

そんな棒手振りたちの売り場は、主に長屋。今でいうところの住宅街に行くと、奥さん連中がこぞって、その日の夕食である魚を買い求めるということですが、その際に、魚屋さんはサービスとして、その場で捌いてくれるのです。

つまり、魚屋さんは、朝に強く、足腰が強く、魚を捌く腕も求められていたのです。魚屋さんの担ぐ天秤棒の糸桶には水が張ってあり、そこに魚が入っていることによって、一定の鮮度が保たれるのですが、これは、かなりの重労働です。イメージとしては、「一心、鏡の如く」でお馴染みの魚屋・一心 太助が、これにあたります。

そして、もちろん一日中、冷蔵技術のない時代の魚を売り歩くのですから、早く売らなければなりません。

魚屋さんとしては、昼までにはなんとしてでも売りたいのですが、相手は町人の奥さんたちですから、一筋縄ではいきません。昼近くになると、当然、鮮度は落ちています。

「そんな鮮度の落ちた魚を売るのは、お客さんに申し訳が立たない・・・」というよりは、江戸っ子気質からくる「そんな活きの悪い魚を売ったら、俺っちの名折れになる」という感覚もあったのではないか、とも思います。

ともかく、昼には魚は値段が下がります。値は下がったものの、若干、鮮度の落ちた魚です。それでも、奥さん連中はなくなるまで、買ってくれるということになります。

現在でも、スーパーなどで試食コーナーがありますが、そこで、試食をして、その商品を買っていく率が圧倒的に高いのが女性だそうです。

昭和の高度経済成長期、これから日本は立て直すぞ、という時代にも、行商の文化は生き続けていました。当時は、自家用車を持っている家が少なかった時代で、近所にコンビニもなければ、スーパーもありません。

そこで、行商のおばさんたちが活躍していました。例えば、関東地方に住んでいた人であれば、東北地方の漬物、九州地方の干し魚などなど、その地域では手に入りにくい商品を売っていくのですが、ここで、買い手の奥さんたちに、先述の試食コーナーの心理状態が働きます。

「せっかく、来てくれたのだから、買わなきゃ申し訳ない」という感覚が働き、商売として成立していたそうです。この感覚が、江戸時代の奥さんたちにもあったのです。正確にいえば、江戸時代から、昭和・平成にまで続いていたということです。

腕のいい魚屋さんは午前中に、全部売り払ってしまうことができたそうです。魚屋さんも千差万別で、仕入れの際に魚の善し悪しを見抜き、なおかつ、捌きが良ければ、贔屓にしてくれるお得意先も出てくるのです。

主人公の勝五郎もその一人でした。ところが、この勝五郎。せっかく、午前中に魚を全部売ったにも関わらず、その売上金でもって、仲間と昼間からお酒を呑むのです。

「ちょいと一杯のつもりで呑んで・・・」という気持ちも分からなくはありませんが、ほどほどに・・・、それすらできない有様。

その内、だんだん朝も二日酔いで起きれなくなり、一般的に朝の四時頃に魚河岸に向かうところを、九時過ぎに魚を仕入れ、鮮度が落ちて痛みだしたものを売るようになったのです。もちろん、お客は正直です。

ある時、お得意先のご主人が

「なんだね、勝や」

「・・・へい」

「お前、この頃めっきり腕が落ちたんじゃないか?」

「そんなこたぁ、ありやせん・・・」

「今まで、あたしはお前の魚を食べてきたが、いや実に旨かった」

「ありがとうごぜえやす」

「ところが、近頃のお前の魚はなんだ。舌先がピリッとなるんだ、おまけに生臭いときている。あたしは、魚を食べていて、初めてだったよ」

と、このように様々なお得意先から、突き上げを喰らって、勝五郎はとうとう魚河岸にすら、行かぬ始末。それまで、貯めていた貯金も徐々に減り、それまで黙って亭主を見守っていた勝五郎の女房も、ついに苦言を呈します。

年の瀬も迫った、ちょうど今ぐらいの時期です。そんな冬の夜明け前でした。

・・・この続きは次回ということにさせて頂きます。

弊社の人気商品にiPad Air2があります。この商品は、CellularモデルとWiFiモデルと2種類ありますが、インターネット環境が整っているようでしたら、WiFiモデルを、インターネット環境が整っていない場合はCellularモデルをオススメしております。

タブレットを使用したことがない方や、旅先のお供に使いたいという方なども、ぜひ、ご検討のほど、宜しくお願い致します。